現在お使いのAndroid標準ブラウザには脆弱性が存在しセキュリティ上の危険があります。Googleのサポートが終了しているため、今後この脆弱性が修正されることはありません。動作保証外となりますので、一部正しく表示されないページがあります。当サイトではGoogle Chromeでのご利用を推奨しております。

Google Chromeで表示する

診療放射線技師

診療放射線技師
<< ホーム

診療放射線技師って何?

取り扱い難易度が高い放射線のスペシャリスト

厚生労働大臣の免許を受けて、医師又は歯科医師の指示の下に、放射線を人体に対して照射(一部省略)することを業とする者をいう。

※診療放射線技師法第一章第二条 抜粋

▲ヘリカルCTスキャナー実習室での実習風景

放射線診療技術の日々の進歩により、放射線に関する高度な専門知識や技術を身につけた「診療放射線技師(※)」が強く求められています。また近年、医療機器や放射線関連機器もデジタル化(コンピューター化)され、診療領域も広がっています。その為、資格取得後も新しい技術や医療機器に対応できる適応力や向上心をもった、「診療放射線技師」が求められています。

(※)「診療放射線技師」は、一般的にもよく知られている業務「エックス線(レントゲン)撮影」を行うことなどから、「エックス線技師」「レントゲン技師」と呼ばれることがありますが、「診療放射線技師」(国家資格)が正しい名称です。

予防医療やガン治療など
重要な役割を担う診療放射線技師

放射線のもっとも一般的な利用は、治療を前提とした「X線(レントゲン)撮影」です。健康診断でのX線検査やマンモグラフィー検診検査(乳ガン検診)など、いわゆる「予防医療」の場でも重要な役割を担っています。
また、ラジオアイソトープという放射線物質を体内に注入し、その分布や動きを撮影して画像化するラジオアイソトープ検査や、悪性腫瘍ガンの放射線治療等、放射線は診断・検査だけでなく治療面でも効果を上げています。
こうしたさまざまな放射線利用が示すように、診療放射線技師は医療現場において重要な職種です。

診療放射線技師の業務

▲X線デジタルテレビシステムを使った実習風景

主に、病院などで放射線を用いて画像診断(レントゲン撮影・CT等)や治療(癌治療)を行うことが仕事です。また、MRI、超音波検査など、放射線を利用しない検査業務もあります。他に、取り扱いに専門性を要するため、放射線管理等の業務も行います。

放射線診療(放射線を用いた診療)
X線撮影・CT・血管撮影・透視・骨塩定量・核医学検査・放射線治療

非放射線診療(放射線を用いない診療)
MRI・超音波検査・眼底検査・放射線管理・品質管理

診療放射線技師を目指せる学科

その他、医療技術系の仕事