現在お使いのAndroid標準ブラウザには脆弱性が存在しセキュリティ上の危険があります。Googleのサポートが終了しているため、今後この脆弱性が修正されることはありません。動作保証外となりますので、一部正しく表示されないページがあります。当サイトではGoogle Chromeでのご利用を推奨しております。

Google Chromeで表示する

医療の最前線で働こう! 臨床工学技士

医療の最前線で働こう! 臨床工学技士
<< ホーム

臨床工学技士って何?

ハイテク医療機器を操る医療業界のエンジニア

厚生労働大臣の免許を受けて、臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作(一部省略)及び保守点検を行うことを業とする者をいう。「生命維持管理装置」とは、人の呼吸、循環又は代謝の機能の一部を代替し、又は補助をすることが目的とされている装置をいう。

※臨床工学技士法第一章第二条 抜粋

ハイテク医療機器を操る医療業界のエンジニア

生命維持管理装置とは、病気になった人が生きていくために必要な機器で、具体例を挙げると、自分の力で呼吸ができなくなった人に使用する「人工呼吸器」、心臓手術時に心臓を一時的に止め、代りに心臓と肺の役割を果たす「人工心肺装置」、腎臓機能が低下して尿毒症になるのを防ぐための「人工透析装置」、他にも除細動器や補助循環装置などがあります。
医療が進化していけばいくほど、それに関わる医療機器の機能も進化、複雑化していきます。そこで誕生したのがこの「臨床工学技士」です。
「臨床工学技士」は、医学と工学の両方の知識を兼ね備えた、医療スタッフです。

ますますニーズが高まる臨床工学技士

「生命維持管理装置」などの医療機器の操作・保守点検を担当する臨床工学技士は、高度医療やチーム医療の重要なポジションを担っています。また近年、「慢性腎不全」患者の増加により、血液浄化装置(人工透析装置)を扱うことのできる、臨床工学技士の雇用は多いに見込まれます。
さらに、医療機関における「医療機器安全管理責任者」の設置が義務化され、医療機器を管理する立場になることの多い臨床工学技士の需要が、さらに広がることが期待されます。

臨床工学技士の業務

「人工心肺装置」実習風景

▲「人工心肺装置」実習風景

臨床工学技士は、病院内の多くの医療機器を操作するだけでなく、いつでも安心して使用できるよう保守・点検も行っており、安全性の確保と有効性維持にも貢献しています。
下記が代表的な臨床工学技士の業務になります。

人工透析室における、人工透析装置の取り扱い(腎不全患者に対する血液浄化)
手術室における、手術用機器の管理・監視・操作
ICU(集中治療室)における、人工呼吸器・心臓ペースメーカ等の取り扱い
中央器材室における、病棟・外来で使用する医療機器の中央管理   など

臨床工学技士を目指せる学科

その他、医療技術系の仕事