現在お使いのAndroid標準ブラウザには脆弱性が存在しセキュリティ上の危険があります。Googleのサポートが終了しているため、今後この脆弱性が修正されることはありません。動作保証外となりますので、一部正しく表示されないページがあります。当サイトではGoogle Chromeでのご利用を推奨しております。

Google Chromeで表示する

医療の最前線で働こう! 臨床検査技師

医療の最前線で働こう! 臨床検査技師
<< ホーム

臨床検査技師って何?

膨大な種類の臨床検査を操り分析するスペシャリスト

厚生労働大臣の免許を受けて、臨床検査技師の名称を用いて、医師又は歯科医師の指示の下に、微生物学的検査、血清学的検査、血液学的検査、病理学的検査、寄生虫学的検査、生化学的検査及び厚生労働省令で定める生理学的検査を行う事を業とする者を言う。

※臨床検査技師等に関する法律第一章第二条 抜粋

膨大な種類の臨床検査を操り分析するスペシャリスト

臨床検査とは、病気の診断・治療・検診のために行われる各種検査をさします。
「臨床検査技師」の資格は、医療の高度化による専門的な技術や知識を必要とする検査方法の開発を受け、誕生しました。

臨床検査は診断の入り口

ケガや体調不良で病院を訪れた人に対し、軽症や診断しやすい病気であれば、医師はすぐに治療したり薬を処方したりすることができます。しかし、診断がつきにくかったり、病気の進行度合いを調べる必要がある場合には、さらに詳しく調べなければなりません。そのために行う検査が、臨床検査です。

医師は、臨床検査によって得られた医学的データをもとに患者のケガ・病気の状態を判断し、治療方針を決定します。つまり臨床検査は診断の入り口であり、その結果、重大な病気の早期発見につながることも少なくありません。また、病気の経過を観察したり、治療効果を判定する際にも臨床検査が行われるため、貢献度は非常に大きいといえます。
臨床検査技師は、検査を素早く正確に実施し、自らの知識や経験をもとに検査結果を詳しく分析して報告することが求められます。医師の診療をサポートする立場として、重要な役割を担っているのです。

臨床検査技師の業務

臨床検査技師の行う臨床検査

臨床検査技師の行う臨床検査は、検査方法により大きく2種類に分けられます。

生体検査(生理学的検査
身体に器具を装着して直接情報を得ます。
心電図検査・超音波検査(エコー)・呼吸機能検査・MRI検査・熱画像検査(サーモグラフィ)・脳波検査・眼底写真検査

検体検査
血液や尿、便などの検体を使って病状や状態を把握する検査です。
血液学的検査・生化学的検査・免疫血清学的検査・微生物学的検査・尿や便などの一般検査・輸血や臓器移植関連検査・遺伝子検査・病理学的検査

臨床検査技師を目指せる学科

その他、医療技術系の仕事